最初に

これから、オンライン英会話を始める方に、私の方から何かアドバイスができることがあればと思い書いていきたいと思います。
私はオンライン英会話を始めた当時は、少しだけ話せましたので、質問をたくさんすることによって、レッスンの充実度を上げていきました。
レッスン中にわからないことはすぐに質問することが、初心者にとってとても重要だと思います。

 

まったくの入門・初心者の方について

 私はまったくの初心者の方は日本人の講師がいるオンライン英会話でレッスンを受けると良いのではないかと思っています。
 英語がネイティブの国の赤ちゃんや子供は、親とたくさん接することによって、真似したりしてしゃべれるようになりますが、大人の日本人は理解度が高いので、日本人から説明を受ければ、スムーズに上達するはずです。ある程度しゃべれるようになってから、英語しか話せない講師に行くと、質問を英語でするやり取りなどでの時間のロスがなくなるのではないかと思います。日本人の講師の方がわかりやすく教えてくれるはずです。

 

レッスンを開始する前に必要な条件

 挨拶や質問をするのに必要なフレーズを少し覚えておく必要があります。
 例えば、講師の言葉が聞き取りずらい時に、「もう一度言ってください」とか、「もう少しゆっくり話してください」とは「ちょっと待ってください」などのフレーズは最も使用することになるフレーズだと思います。
 講師の英語が理解できない場合は、講師がそのフレーズを書いてチャットで送ってくれるというパターンになると思います。

 

初心者の自分に合った教材を

 次に、レッスンに使用する教材を自分に合わせないといけません。
 最初に旅行英会話がに興味がありましたので、最初にそちらを進めていったのですが、学習しながら思ったのは、英単語の発音がまったく正しくできていないということでした。よく講師に自分の発音の注意されましたので。
 それに気づいてからは、旅行英会話と平行して、アルファベットの発音の学習のための教材も使用してレッスンを行いました。
 この発音の練習というのは、日本人が英会話を学習する時に最も大切なのではないかと思います。
 日本人は英語を学んではいますが、単語や文法やリーディングをメインにしていて、実際に正しい発音で話すということについてはあまりできていないのではないかと思うからです。
 実際に、自分が話した英語を聞いてもらってそれで良いのか悪いのか判断してもらわないで、自分がこれで良いと思い込んで発音していることも結構あるのではないかと思います。私はこのタイプだったのですが、私は海外に何回か行ったことがあるのですが、その時に、自分の知っている英会話のフレーズを何回も使ったのですが、簡単なフレーズや単語の発音でさえ、私の発音が悪くて通じないということが多々ありました。
 発音のレッスンを受けてみて、自分の発音で通じなかったのは当然だなと思いました。
 自分では正しく発音しているつもりでも、実際は正しく発音できていかなったのです。
 そのため講師からなんども訂正をされました。
 なんども訂正されましたがが、今でも訂正され続けています。
 間違った発音の仕方を覚えてしまうと、そう簡単に治らないし、日本人にとって、もともと英語の発音が難しいというのがあるので、最初に発音の基礎をしっかり学んだ方が良いと思います。
 これをしておくことによって、その後のレッスンでの英会話の勉強の充実度が変わってくるはずです。
 苦手な発音は何度も訓練することによって、発音の仕方がましになってきます。 
 よって、レッスンの回数をこなしていくことで、何度も講師から注意され、徐々修正されていくことになります。
 そして、正しく発することのできる、単語やフレ−ズが増えるにつれて、徐々に英語を話すことにおける自信がついてくることと思います。

 

講師の相性について

  これについては、レッスンを何回も受けることで、自分にあった講師を見つけるしかありませんね。
  自分がこの講師は自分に合っているなと思っていても、さらに自分に合った講師に巡り会えるかもしれません。

 

レッスンを継続させるために

 英会話を始めた当初から、英会話のレッスンにストレスを感じるというような方は、レッスンを継続していくのが難しいかもしれません。
 でも、自分の目的を達成するために、工夫しながら続けていくしかありません。
 オンライン英会話の継続期間を延ばす方法

 

.スポンサーリンク